過去に200人の子供を引きこもりから救った
「伊藤幸弘の不登校ひきこもり解決方法」に興味ありませんか?

トップページ >> 不登校-家庭教師の選び方

不登校-家庭教師の選び方

万が一子供が不登校になってしまった場合
勉強はどのようにさせたら良いのでしょうか。

高校生の子供の場合、通信制の高校に行っても
自宅で1人での勉強はなかなか難しいものが
あります。

かといって、フリースクールや別の学校へ
入学させればよいかというと、一概にそうとも
言い切れません。

不登校によって大勢の生徒がいる環境に
対して臆病になったり自信をもてない生徒も
いると思います。

家庭教師であれば、マンツーマンで勉強を
学ぶ事ができるので、勉強についていけなかった
なんてこともありませんし、自習のように
結局は自分を律する事ができず怠けるように
なってしまった、なんてこともありません。

家庭教師についてもらう場合ですが、やはり
不登校児に対する指導経験が豊富な人が
よいでしょう。

不登校期間が長いと、一体どこがわからない
のかも分からないという生徒も多いと思い
ます。

そういったバックグラウンドを理解し、
一つ一つ丁寧に教えてくれる先生が理想的
です。


不登校生徒は、年長になればなるほど家に
ひきこもりがちになってしまいます。

ひきこもり期間が長いと、対人スキルも
低下し人と接することに恐怖を覚えて
しまう子供も少なくありません。

家庭教師とコミュニケーションをとることで
家族以外の人間との信頼関係を築き、他人と
接する事への恐怖感を克服する事も期待
できます。

親には言えない悩みを相談することも出来る
ようになるかもしれません。

とにかく家族以外の他人との接触は、ひき
こもり脱出の重要なポイントになりますので
不登校児童を専門にしている家庭教師のプロ
にお願いしてみてはいかがでしょうか。

大学生が教えるような普通の家庭教師では
心のケアは期待できませんし、それどころか
不用意な一言で子供がさらに心を閉ざして
しまう可能性もあります。

勉強を教える能力の高さはもちろん、不登校
の子供の心を理解してくれる家庭教師が
理想的です。

過去に200人の子供を引きこもりから救った
「伊藤幸弘の不登校ひきこもり解決方法」に興味ありませんか?

Posted by gswin : 09:31 | Page Top ▲