過去に200人の子供を引きこもりから救った
「伊藤幸弘の不登校ひきこもり解決方法」に興味ありませんか?

トップページ >> 中学生の不登校児の学習方法

中学生の不登校児の学習方法

年々増え続ける不登校生徒。

特に中学生は小学生、高校生に比べ数が
多いようです。

中学生のわが子が不登校になってしまった
場合の学習方法ですが、自宅での自習では
成果はあまり期待できませんので、思い
きって全寮制のフリースクールへ入学させる
というのも方法の一つでしょう。

単に勉強をさせるためだけではなく、本来
であれば中学校で覚えるべき集団のなかでの
生活に慣れさせるという意味でも、有意義
だと思います。

例えば自宅での自習で、勉強だけ追いついて
高校から普通に通うことができるようになるか
といったら、疑問符がつきます。

人間関係の作り方を学ばずに進学しても、
結局また不登校になるというケースが非常に
多いのです。


フリースクールへ通うことで、自分の家族
以外の、同じ年代の子供達と接し人間関係を
構築する機会が得られれば、徐々にですが
他人と関わる能力を身につけていくことが
出来ます。

人との関わりから遠ざかった生活を送って
いると、高校、大学卒業後、社会に出たときに
弊害が出る事も考えられます。

人と接する事で自分を見つめなおし、さらに
他人を思う心を身につける必要があります。


また、家庭内での問題が原因で不登校になる
ケースも非常に多いので、しばらく親元から
離れることで自立心を身につけ、目の前の
問題に向き合い自分の力で解決するような
力をつけさせることも出来ます。

不登校で遅れてしまった勉強や体力を、
回復させ健全な人間関係を構築する事が
できるようになれば二度と不登校になる
ことはないでしょう。

自宅にいても、学校へ行けと言っても
不登校はなおるものではありません。
学校へ行けと強要したり、子供が学校に行き
たくなるまで自宅でただ待つだけでなく、
根本的な改善を図ることが子供にとって
本当に必要な事ではないでしょうか。

過去に200人の子供を引きこもりから救った
「伊藤幸弘の不登校ひきこもり解決方法」に興味ありませんか?

Posted by gswin : 09:56 | Page Top ▲