過去に200人の子供を引きこもりから救った
「伊藤幸弘の不登校ひきこもり解決方法」に興味ありませんか?

不登校-家庭教師の選び方

万が一子供が不登校になってしまった場合
勉強はどのようにさせたら良いのでしょうか。

高校生の子供の場合、通信制の高校に行っても
自宅で1人での勉強はなかなか難しいものが
あります。

かといって、フリースクールや別の学校へ
入学させればよいかというと、一概にそうとも
言い切れません。

不登校によって大勢の生徒がいる環境に
対して臆病になったり自信をもてない生徒も
いると思います。

家庭教師であれば、マンツーマンで勉強を
学ぶ事ができるので、勉強についていけなかった
なんてこともありませんし、自習のように
結局は自分を律する事ができず怠けるように
なってしまった、なんてこともありません。

家庭教師についてもらう場合ですが、やはり
不登校児に対する指導経験が豊富な人が
よいでしょう。

不登校期間が長いと、一体どこがわからない
のかも分からないという生徒も多いと思い
ます。

そういったバックグラウンドを理解し、
一つ一つ丁寧に教えてくれる先生が理想的
です。


不登校生徒は、年長になればなるほど家に
ひきこもりがちになってしまいます。

ひきこもり期間が長いと、対人スキルも
低下し人と接することに恐怖を覚えて
しまう子供も少なくありません。

家庭教師とコミュニケーションをとることで
家族以外の人間との信頼関係を築き、他人と
接する事への恐怖感を克服する事も期待
できます。

親には言えない悩みを相談することも出来る
ようになるかもしれません。

とにかく家族以外の他人との接触は、ひき
こもり脱出の重要なポイントになりますので
不登校児童を専門にしている家庭教師のプロ
にお願いしてみてはいかがでしょうか。

大学生が教えるような普通の家庭教師では
心のケアは期待できませんし、それどころか
不用意な一言で子供がさらに心を閉ざして
しまう可能性もあります。

勉強を教える能力の高さはもちろん、不登校
の子供の心を理解してくれる家庭教師が
理想的です。

過去に200人の子供を引きこもりから救った
「伊藤幸弘の不登校ひきこもり解決方法」に興味ありませんか?

Posted by gswin : 09:31 | Page Top ▲

高校不登校生徒の勉強方法

高校で不登校になり、留年または中退
してしまった場合どのように勉強を
進めれば良いのでしょうか。

もし、元の学校に行くつもりがないので
あればいっそ通信制の高校に転入する、と
いうのも方法の一つです。

学校にもよりますが、過去に不登校の期間が
あっても3年生でちゃんと卒業できるように
カリキュラムを組んでくれる学校もあります
ので、学校に行かなくなってから長い時間が
経っているからといって諦めないでください。

家で通信教育で勉強するだけでなく、登校日が
設けられていて、自分と同じように不登校の
経験のある生徒と交流できるような学校で
あれば理想的です。


小学校や中学校の不登校と違い、高校は
義務教育でない分、一度不登校になって
しまうと学校を辞めてしまう生徒が多い
のが特徴です。

不登校の理由も、勉強の遅れや身体的な
ものになるため、なかなかもとの生活に
戻れないのです。

もし学校へ行くのがどうしても無理なら
いっそのことすっぱりと辞めてしまい、
気持ちを切り替えて別の方法で勉強を
するようにしましょう。

家庭教師や通信教育で自宅で学習し、
高等学校卒業程度認定試験に合格すれば
大学受験も可能です。

大学に入りさえすれば、小中高ほど
人間関係が濃密ではないので、好きな
授業を受け、他人を気にすることなく
気の置けない友人とのみ行動することも
できます。


もし自宅での勉強は自信がない、というので
あれば全寮制のフリースクールに通ったり、
普段はパソコンのeラーニングを使い、年に
一度沖縄で1週間程度のスクーリングを行い
高校の卒業証書をもらえる通信制の高校に
通うのも良いでしょう。

最終目標は大学を卒業することですが、
取りあえずは高校の卒業を目指しましょう。

高等学校卒業程度認定試験に合格しても
大学を卒業しなければ、最終学歴は中卒の
ままです。

今の時代、中卒だと就職しようと思っても
なかなか難しいでしょう。

いずれは独り立ちして、自活しなければ
いけないのですから出来る努力は今のうちに
して置きましょう。

過去に200人の子供を引きこもりから救った
「伊藤幸弘の不登校ひきこもり解決方法」に興味ありませんか?

Posted by gswin : 14:51 | Page Top ▲

高校の不登校について理解しよう

高校の不登校は、小学校中学校と違い高学年
になればなるほど数は減少します。

というのも、高校は小学校や中学校と違い
義務教育ではないため、不登校から高校中退、
または留年から高校中退というケースが
非常に多いのです。

小学校中学校と違い、家庭環境の影響よりも
友人や教師との人間関係、本人の精神的・
肉体的問題、勉強の遅れが原因としては
多いようです。

高校の中退者の実に6割が、高校一年生に
集中しているというのも、大きな特徴の
一つです。


公立高校で不登校になった場合、そのほとんど
の生徒が高校を中退しています。

本人次第では、転校や定時制の高校に入学
、または通信制の高校で勉強をすることも
可能です。

高等学校卒業程度認定試験、所謂昔で言う
大検さえ合格すれば、大学受験もできますので
人間関係が希薄でも高校ほど困る事もない
大学で心機一転ということも可能です。

ただし、本人にやる気がなく自分の将来を
考える事から逃避し、ただだらだらと毎日を
送るような生活ですと、今はひきもりや
ニートとして親の収入などで暮らす事が
できてもいずれ両親が亡くなるなどすれば
高校中退、つまり中卒が最終学歴で就職を
しなければいけなくなります。

もちろん、家で出来る仕事もありますし
自活できる他の道を探す事は可能ですが
現実から逃げ続けてきた人間が、すぐに職を
探す事ができるかどうかというと難しいでしょう。

家の中で家族以外誰とも接しずに長年過ごし
他人と上手にコミュニケーションを取れなく
なっているかもしれません。

次章では高校不登校の学習方法について
触れて見たいと思います。

過去に200人の子供を引きこもりから救った
「伊藤幸弘の不登校ひきこもり解決方法」に興味ありませんか?

Posted by gswin : 20:47 | Page Top ▲

中学生の不登校児の学習方法

年々増え続ける不登校生徒。

特に中学生は小学生、高校生に比べ数が
多いようです。

中学生のわが子が不登校になってしまった
場合の学習方法ですが、自宅での自習では
成果はあまり期待できませんので、思い
きって全寮制のフリースクールへ入学させる
というのも方法の一つでしょう。

単に勉強をさせるためだけではなく、本来
であれば中学校で覚えるべき集団のなかでの
生活に慣れさせるという意味でも、有意義
だと思います。

例えば自宅での自習で、勉強だけ追いついて
高校から普通に通うことができるようになるか
といったら、疑問符がつきます。

人間関係の作り方を学ばずに進学しても、
結局また不登校になるというケースが非常に
多いのです。


フリースクールへ通うことで、自分の家族
以外の、同じ年代の子供達と接し人間関係を
構築する機会が得られれば、徐々にですが
他人と関わる能力を身につけていくことが
出来ます。

人との関わりから遠ざかった生活を送って
いると、高校、大学卒業後、社会に出たときに
弊害が出る事も考えられます。

人と接する事で自分を見つめなおし、さらに
他人を思う心を身につける必要があります。


また、家庭内での問題が原因で不登校になる
ケースも非常に多いので、しばらく親元から
離れることで自立心を身につけ、目の前の
問題に向き合い自分の力で解決するような
力をつけさせることも出来ます。

不登校で遅れてしまった勉強や体力を、
回復させ健全な人間関係を構築する事が
できるようになれば二度と不登校になる
ことはないでしょう。

自宅にいても、学校へ行けと言っても
不登校はなおるものではありません。
学校へ行けと強要したり、子供が学校に行き
たくなるまで自宅でただ待つだけでなく、
根本的な改善を図ることが子供にとって
本当に必要な事ではないでしょうか。

過去に200人の子供を引きこもりから救った
「伊藤幸弘の不登校ひきこもり解決方法」に興味ありませんか?

Posted by gswin : 09:56 | Page Top ▲

中学での不登校に向き合う

小中高を通し、不登校児童の数は増加傾向に
あります。

中でも中学の不登校生徒数は多く、全体で
約13万人にも上るといわれています。

中学での不登校の原因ですが

・友人関係
・先生と合わない
・いじめ
・勉強についていけない
・家庭内環境の変化

などがあります。

小学校を卒業し環境が大きく変わることで
対応できない子供が不登校になってしまう
ケースが多いようです。

そして、不登校になった生徒のほとんどが
どうして学校に行きたくないのかを上手に
説明する事ができないという特徴があります。

そのため、親は子供がどうして不登校に
なってしまうのか理解できず、受け入れる
ことも出来なくなってしまうのです。

大人の私たちにとって、子供が学校に
行きたくなくなってしまった原因が
些細に感じる場合もあると思います。

そもそも中学校は勉強をするところで、
遊ぶ場所ではないので楽しくない、嫌だから
といって不登校になるのはおかしいと
思うかもしれません。

しかし、子供と親の価値観は異なりますし
私たちの子供時代を振り返っても、学校と
いう場所は子供の世界の大部分を占めていた
ことが分かると思います。


文部科学省の調査報告によると、中学で
不登校を経験した人の77%が、二十歳の時点で
就学または就労しているという結果が出ています。

そして40%が不登校の経験は自分にとって
必ずしもマイナスではなかったと答えています。

一方で、中日新聞の調査によると中学での
不登校経験者の4人に1人は二十歳の時点で
就学も就労もしていないという結果が出て
います。

4人に1人ということは約25%ということに
なりますが、文部科学省の調査報告を見ても
二つの調査は対象や方法は違えど内容は
一致しているということになります。

この25%にわが子が含まれないようにするため
にも、些細なことと考えず真剣に不登校問題に
向き合う姿勢をとる必要があるということを
覚えておきましょう。

過去に200人の子供を引きこもりから救った
「伊藤幸弘の不登校ひきこもり解決方法」に興味ありませんか?

Posted by gswin : 18:33 | Page Top ▲

ニュース